池袋の百貨店戦争!東武×西武

物事は、何も全てが意図する形で変遷していくとは限りません。
池袋はまさに、意図しない形で発展していった街と言ってもおかしくはないでしょう。

池袋が今のように発展したのは、紛れもなく鉄道のおかげ。数多くの路線が乗り入れたことによって池袋に多くの人が、そしてお店が集結するようになりました。
しかも、当時池袋そのものは鉄道会社も全く重視しておらず、その地で開発を行おうという意図がなかったということですから、今ではなかなか信じられませんよね。

鉄道会社の事情などさまざまな偶然が重なり池袋が発展していくわけですが、そんな中で登場したのが百貨店。
最初にできたのは京浜百貨店で、これが1930年代のこと。
これによって池袋が一気に賑わい、1949年に西武百貨店へと名前を変えます。

その後、1962年に開業したのが東武百貨店。
これによって東武と西武の百貨店戦争が始まるわけです。

このような大型店同士の競争は、その街にとってはとても素晴らしい作用をもたらします。
競争が激化すれば商品も増えサービスも良くなり、消費者が満足するようなお店へと変化し、街そのものが活気付くのです。

百貨店同士の競争がどれだけ池袋という街の発展に影響を与えたか、これは計り知れません。

評価が見直されてきた池袋という街

1978年にはご存知サンシャインシティが出来上がり、そして今現在でも、池袋の発展は続いています。

大型の商業施設はもちろん、おしゃれな飲食店や若者に人気のスポットなどが続々登場し、駅周辺はもちろん、駅から少し離れた場所にもおしゃれなお店が登場するようになってきているのです。

これによって池袋という街の評価そのものが変わってきていることも知っておきましょう。
池袋にはまだまだ怖いというイメージを根強く持っている人もいますけど、それも確実に変化してきています。

池袋のキャバクラも、以前のようにぼったくりが横行していたり、客の質が良くなくキャバクラ嬢も一部のゆっくりと楽しみたいお客さんにとっても悩みの種であった、そんな状況もなくなってきているのです。

街の評価とともに、池袋のキャバクラの評価も変わってきた昨今。
実際にキャバクラ嬢も池袋を目指す女性が増えてきており、それに伴ってレベルも上がってきています。
もしかしたら池袋は、これからさらに発展し、他の大都市を追い抜くポテンシャルを秘めているのかもしれません。
今から池袋のキャバクラをはじめ、この街に注目しておいて損はないのではないでしょうか。